●86時限目 鬼十訓

机の前に

株式会社 電通の行動規範 

「鬼十訓」を貼っています。


昭和26年7月

広告の鬼といわれた電通4代社長の吉田秀雄氏が

仕事に対する心構えを提示したものです。



「鬼十訓」


1.仕事は自から創るべきもので 

  人から与えられるべきものでは無い。

2.仕事とは先手先手と働きかけて行く事で 
  
  受身でやるものでは無い。

3.大きな仕事に取り組め 

  小さな仕事は己を小さくする。

4.難しい仕事を狙え、

  そしてそれを成し遂げる処に進歩がある。

5.取り組んだら離すな 

  殺されても離すな目的完遂までは。

6.周囲を引きずり廻せ 

  引きずるのと引きずられるのとでは

  永い間に天地の開きが出来る。

7.計画を持て 

  長期の計画を持っていれば忍耐と工夫と

  そして正しい努力と希望が生まれる

8.自身を持て 

  自信が無いから君の仕事には迫力も粘りも

  そして厚みすら無い。

9.頭は常に全回転 

  八方気を配って一分の隙もあってはならぬ 

  サービスとはその様なものだ。

10.摩擦を恐れるな 

  摩擦は進歩の母 積極の肥料だ

  でないと君は卑屈未練となる。
         
        
                    吉田 秀雄


毎朝、これをながめて、気を引き締めています。


今日は、1番はやれたぞ(^^

今日は、6番はだめだったなー(^^;引きずられた!

今日は、自信を持って一日を過ごそう(^^!


毎日が

期待の朝でスタートし

喜びと反省の夜を迎えています。



posted by 如水生 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの起業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。