●107時限目 俯瞰思考

私は
昔から、俯瞰や鳥瞰という言葉や図面は
仕事柄いつも使っています。

全体を上から見る俯瞰や
鳥の目から見たように見えるので
と呼ばれる鳥瞰は、
どちらも同義語で使われています。

ネットで
初めて俯瞰という言葉を使ったのを見たのは、
数年前に木坂健宣氏の書いたレポートでした。

その後
石田健氏や浜本浩二氏など
ネットビジネスで活躍している方の文章に使われるのを
目にするようになりました。
田渕隆茂氏も、
好きな言葉に石田健氏が使っている
「俯瞰」を挙げていましたね。

俯瞰するのにとても便利なのが
マインドマップです。
いうまでもなくトニープザンの開発したものですが
私は、無料のフリーマインドを使っています。

PCに向かって書く時は
フリーマインドは便利ですが、
それ以外の時はチョット不便。


手書きで書き始めたのですが
トニープザンの方法は
色鉛筆などの用意もあり、
面倒なので、
もっと簡単に書く方法を探し、
一色(緑色のサインペンを使っています)で
MOLESKINEのLARGEやPOCKETのプレーンや
A6ノートに書くことの便利さを
発見、実行していました。

その後、松宮義仁氏の
シンプル・マッピングを見た時には
驚いたものです。
全く同じことをやっている人がいたんだなーと。

編集者に見せた時、
これを打ち合わせの時に必ず持ってくるように言われたと
松宮氏自身も書いていたように
その時がチャンスだった訳。
正に、女神の前髪をつかんだといえますね。

その後のご活躍は
皆さんご承知のとおりです。

ところで
東京大学 大学院工学系研究科 総合研究機構 に
俯瞰工学部門があるのをご存じですか?

俯瞰経営学もあり、
経営学に関する知識を
俯瞰的に体得できる教材を
開発することも進めているとのことです。

アメブロのタイトル変わりました。

「思ったら、すぐやる行動力を身に付ける」俯瞰思考術
posted by 如水生 | Comment(0) | TrackBack(0) | グランパの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133920531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。