●114時限目 FREE

「タダより高いものはない」
と云っていましたが、時代が変わりました。

タダで様々なものが
手に入る時代になってきました。

多くの便利なソフトもフリーで手に入ります。
高いソフトを買わなくても
同じ機能を持つ無料ソフトは
山ほど手に入るようになりました。

貴重な情報も「検索」すれば
無料で簡単に手に入ります。

今もこれからもさらにFREE(無料)が
増えていく時代になったのです。

かつては数万円で販売していた情報も
無料配布されています。
情報が古くなったから
無料配布している訳ではありません。

そこには、時代の先を行く考えがあるのです。

「無料」で
大金を稼いでいる人たちがいることに
気づかなければなりません。

そのことに気づかせてくれるのが「FREE」 。
<無料>からお金を生み出す新戦略を知ることができます。

『あなたがどの業界にいようとも
<無料(フリー)>との競争が待っている…。』

『なぜ、一番人気のあるコンテンツを
有料にしてはいけないのか?
 なぜ、ビット経済では95パーセントを
タダにしてもビジネスが可能なのか?

 あなたがどの業界にいようとも、
“無料”との競争が待っている。
 それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。
 そのときあなたは、
創造的にも破壊的にもなり得る
 このフリーという過激な価格を
味方につけることができるだろうか。』


『ロングテール』 の著者が描く
21世紀の経済モデルが示されています。

時代が変化し
無料の意味が変わってきました。

『アトム(原子)からビット(情報)に移行するどこかで、
私たちが理解していたはずの現象も変質したのだ。
「フリー」は言葉の意味そのままに
「無料で自由」であることになった。』


筆者のクリス・アンダーソン(Chris Anderson)は述べています。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。