●26時限目 米グーグル新課金方式試験導入へ!

新聞報道によれば、
「米グーグルはインターネット広告に新たな課金方式を試験導入した。
商品の販売実績など具体的な広告効果が認められたときだけ広告主から料金をとる。」とのこと。
今は、広告をクリックすれば、その時点で課金しているのだが、
広告主の選択肢を増やすのが目的らしい。
「コスト・パー・アクション」と呼ぶ仕組みで、
利用者が広告を見ただけではなく、
実際に商品を買ったり、
顧客リストに登録したときに広告主から料金をとる。
現状、広告を見る気もないのに、
クリックを繰り返すことが問題にもなっていて、
広告主の間で広告効果を疑問視する声もあった。
それを悪用した、いわゆるアドセンス狩などの目にあった人も多いと聞く。

ネット社会の大きな柱の一つとなっているグーグルアドセンスが変わることによって、情報起業の流れにも一部変化が出てくることになるのだろうか。
後発部隊にとっては、比較的参加しやすい部門だっただけに、ショックな出来事と云えよう。
多くの無料レポートやメルマガで、
グーグルアドセンス対策の手法が伝えられているが、
この試験導入に対する新たな手立てをたてなければならないだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アドセンス報酬アップ方法
Excerpt: こちらの記事に書いた、アフィリエイトに重要なものとは・・・(アフィリエイトに限りませんが)
Weblog: ネットでブレイク!
Tracked: 2006-06-24 01:19

団塊世代の78.2%が「仕事持ち続けたい」、うち約15%は起業を志向
Excerpt: 団塊世代のことが出てましたのでTB失礼します。ご迷惑なら削除願います。野村総研の調査でほとんどの団塊世代の皆様は、定年後も仕事をと志向しています。
Weblog: 自宅でお仕事!空いた時間で!自分らしさを!
Tracked: 2006-06-25 02:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。